スルスル酵素に添加物は入ってる?安全性は大丈夫?

このページでは、スルスル酵素添加物安全性についてご紹介します。

 

乳酸菌や酵素配合サプリメントとして便秘、ダイエットに困っていらっしゃる人から
沢山の支持を得ている『スルスル酵素』なのですが、添加物は使われているのか?
リアルに、口に含む食品だから使用前に把握しておきたい情報のうちの一つですよね。

 

そういうわけで今回、スルスル酵素に使われている成分に目を通して、
安心して飲用できるダイエットサプリメントなのかチェックしたいと思います。

 

スルスル酵素の成分を分析

 

スルスル酵素の成分を文字化したものを以下に載せますね。

 

  • 穀物発酵エキス末(穀物発酵エキス・マルトデキストリン)
  • 難消化性デキストリン
  • 野草発酵エキス末(デキストリン・食物発酵エキス)
  • 乳酸菌
  • ゼラチン
  • カラメル色素

 

スルスル酵素にはこれらのものの原料が取り扱われています。
植物系の原料が印象的ですよね。そしてこういった類の中で
添加物に値するものは、ゼラチンとカラメル色素だと言えます。
ゼラチンはゼリーやヨーグルト等に配合されていることが多く、
かなり耳にしますよね。カラメル色素も1度くらいはその名前を聞いたことあるだろうと思いますが、
コーラやプリン等に含有されている添加物の一つです。

 

で、スルスル酵素に含まれているこれら添加物の安全性は安心なのか?
次の章で回答したいと思います。

 

 

 

含有されている添加物による人体への影響は安全

 

もとより食品に使える添加物は『厚生労働省』が定める物であるから、
商品化するにあたって容認されたものだけ活用することができます。
加えて先ほどにもありましたように、スルスル酵素に使われているゼラチンや
カラメル色素は他の食品でも使われているものですし、
サプリメントとして提供する上で無論のこと国からの容認ももらっています。
そこまで安全性が保持されているということですね。

 

それに、スルスル酵素でのシェイプアップを1か月間ぐらい継続したことがあるのですが、
体調への影響が出ることはなく、それどころか便通が改善した上にちゃんとダイエットすることもできました。
そういうわけで、スルスル酵素を飲用してどうにかなるのではないか?といった心配は一切いらないですよ。

 

 

 

 

漫画LP